戸崎通信工業100年の歴史が育んだ生産技術 history of technology

半田の画像
開発・試作・設計の画像
Webハーネスの画像

手実装 hand implementation

・熟練の技術認定者による、豊富な実績と経験により、あらゆる手実装のニーズにお応えします。

・初期イニシャル不要で設備を使用すると採算の合わない少量多品種や試作には大変効果的です。

強み

圧倒的な技術力。


高いクオリティ。


機械化や自動化の進展とともに、手作業部分が減少しているのも事実です。
しかし、設備を活用するのも人であり、熟練の技術が必要な手作業部分は必ず残り続けます。


実際に試作や研究開発の分野では、まだまだ手半田による実装品が数多く流れており、戸崎通信の技術力とスピードで研究開発の分野でも貢献させて頂いております。

戸崎通信は、国内での製造が多品種少量で特殊品や高難度技術の付加価値の高いものにシフトしていく中で、現場に熟練やノウハウを蓄積・共有化する事によって競争力を保持しています。

  • 0402size
  • 鉛入り、鉛フリー、RoHS対応
  • 電線実装
  • 大型、特殊コネクタ対応
  • パターンカット、ジャンパー線等の改造
  • リワーク、リペア
  • 部品点数無制限
  • 防衛宇宙分野品質水準まで対応、実績多数有
  • 小ロット、1枚から対応
  • バラ部品、テーブルカット部品に対応
手半田画像

表面実装

  • 鉛フリー化
  • 高密度基板実装
  • BGA(リワーク、X線検査可能)
  • 大型コネクタ対応

挿入実装

  • 鉛入り、鉛フリー対応
  • はんだ成分分析済
  • 基板幅350mm
  • 大型コネクタ対応

共晶(鉛入り)DIPに関しては、フロー半田付け装置を保有しておりますので、自社にて迅速な対応が可能です。


当社ではその他のマシン実装を「実装専門の協力会社様」にお願いしております。
数量、要求品質等によって、最適なVA提案が可能です。

フロー半田付け装置画像

はんだごての種類

当社では、はんだごてだけで12種類・計89台もの台数を保有しております。

配線パターンやGNDへの接地、使用する半田、温湿度、部品の種類、SMD・DIP等、様々な要因ではんだ付け状態が変化致しますので、状況に合わせて最適なはんだごて・こて先をピックアップし、高信頼性の接合を行なう為に様々なはんだごてを使用しています。

はんだごて保有リスト
メーカー型番概要
HAKKO936はんだごて(N2システム対応可能)
937はんだごて(N2システム対応可能)
FX-9522本搭載タイプはんだごて(N2システム対応可能)
9282本搭載タイプはんだごて(N2システム対応可能)
FM-2022ホットツイーザー
FM-202マルチステーションタイプ(N2システム対応可能)
FM-203マルチステーションタイプ(N2システム対応可能)
FM-2030ハイパワー高熱容量はんだごて
FX-888はんだごて(N2システム対応可能)
FX-901コードレスタイプ
933セラミックヒータータイプ
JAPAN UNIXUNIX JBCハイパワーデジタルはんだごて

その他
吸煙器、吸い取り器、ミニポット、スポットフロー、リューター、熱板、こて先温度計、ホットブロー等、
はんだ付けに関するあらゆる工具を取り揃えております。

静電気対策

  • 作業エリア全静電フロア
  • 帯電テスターチェック管理
  • 帯電防止衣服の着用
  • 設備装置関連のアース接続
     (電源遮断時にも導通)
  • 収納容器は帯電防止剤塗布済
  • 静電測定チェック表による管理
手半田・基板実装 | 株式会社戸崎通信工業 | 静電気対策画像01

温湿度、照度の測定管理を行なっております。

手半田・基板実装 | 株式会社戸崎通信工業 | 静電気対策画像02